気まぐれ日記

伝えたいこと、そのままに。
日々の気まぐれ日記を綴ります。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 気まぐれ日記
  4. 心理カウンセリング京都でオン・オフ・マル秘の自分の調整を
セクハラ、マタハラ、アカハラ、モラハラ、パワハラ

心理カウンセリング京都でオン・オフ・マル秘の自分の調整を

京都市左京区から来てくれた左京さん(仮)29歳の男性が嬉しいことを言ってくれました。

「先生のところはね、オンじゃない、オフでもない、マジで唯一のマル秘の場所と時間なんですよね」

熱いお茶を一緒にズズズーっとすすりながら、ちょっと嬉しそうに言ってくれたのは朝の05:50頃でした。

えぇ、早いですよね。

そう、早いんですよ。

いや、ウチはいつも朝5時半は毎日のように予約で埋まってます。

知る人ぞ知るゴールデンタイムです(笑)

と言うのもね、

今回の左京さんに限らず朝5時半に予約をして来てくれる人というのは、みんな出勤を控えていてその前に来るんです。

そう、わざわざ早起きして、仕事に行く前にウチへ寄って気持ちを作るんです。

それほどまでに戦っているんです。

行きたくないけど辞められない。

頑張れないけど逃げられない。

報われないから救われない・・・。

人にはそれぞれ事情や環境があります。

立場や理由もありますよね。

性格や時期もある。

辞めれるなら辞めたいって思ってます、みんな。

「でも今は頑張るしかないんですよ・・・」って、そういう人もいる。

そう言うしかない状態の人もいるんです。

もちろん私としては無理はさせたくないし

「辞めてもいいんですよ」

「逃げてもいいんですよ」

「泣いてもいいんですよ」

「よくがんばってますよ」

ちゃんと言います。味方です。

けれども、

頑張りたいという人を応援するのも役割なんです。

もうすぐだという人を癒すのものも役割なんです。

ツラい仕事をオンだとして、スイッチを入れてがんばる。

一人の時間や自宅にいる時間、仕事以外の時間をオフだとして休むためにスイッチを入れ替える。

しかし、

オンでもオフでもない、回復しようとして回復させないと回復できない部分がある。

そういう部分を左京さんは「マル秘」と表現してくれたんですね。

嬉しい言葉です。

まず私が報われたなぁと感動してしまいます。

救いたい。
癒してあげたい。
味方でいてあげたい。
もっと回復させてあげたい。

男性も女性もない。

年上も年下もない。

愚痴を言える場所と相手。

受け止めて否定しない理解者。

その存在がいるだけで、いると思えるだけで頑張れる人がいる。

そう思うと、朝の5時半を早いとか大変だなんて思いません。

道が混んでなくていいじゃないか。

来やすくて帰りやすくていいじゃないか。

甘えられる場所や相手がいるんなら甘えたらいいんですよ。

何歳になっても立場がどうでも関係ない。

回復しないと削られていく何かがある。

あぁ、少しはお役に立てているなぁ、って

真冬の朝5時半にでも感じる私は変態でしょうか。

否定はしません(笑)

※これを書いている今は02/11(月)26:18
もうすぐ朝の人が来る時間ですね(笑)

【心理カウンセリング京都】でした。

– – – – –

【心理カウンセリング京都】
ご利用者さま居住エリアの一部

京都府:京都市内:各区:伏見 右京 左京
西京 山科 北 中京 南 中京 下京 東山
その他各市:宇治 亀岡 舞鶴 城陽
長岡京 福知山 八幡 木津川 京田辺

大阪府:大阪市内:各区:平野 東淀川 淀川
城東 住吉 生野 東住吉 住之江 西成
堺市:各区:北 南 堺 西 中
その他各市:東大阪 枚方 豊中 高槻
吹田 茨木 八尾 寝屋川 岸和田 和泉
守口 門真 箕面 大東 松原 富田林

兵庫県:各市:神戸 姫路 西宮 尼崎 明石
加古川 宝塚 伊丹 川西 三田 高砂 芦屋

上記のエリアに限らず、電話相談やLINE通話なら
全国からもご利用が増えています。

関連記事

error: Content is protected !!