気まぐれ日記

伝えたいこと、そのままに。
日々の気まぐれ日記を綴ります。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. カウンセリング例
  4. 亀岡-その日だけじゃないショック
京都心理カウンセリングで亀岡の人が話してくれました

亀岡-その日だけじゃないショック

【心理カウンセリング京都】です。

亀岡さん(仮)が順番待ちを抜かされて注意をしたそうです。

「え、ちょっと、並んでたんですけど」と。

そしたら相手が逆ギレして怒りだして

「なんや!ほな俺が悪い言うんかい!隙間があったからちょっと入っただけやないかい!」

亀岡さんはアラサー女子、相手はアラフィフ男性。

亀岡さんは相手の反応に驚いて、でも

「いや、見たらわかる、じゃないですか・・・」

って頑張って言い返したそうです。

でも、やっぱりまた

「あぁ!?デカい声で言うてみんかい!空いとるから並んだだけの俺が悪いんかい!こんなに間を空けとるアンタは悪くないんか!」

亀岡さんは心の中で
(えぇ~・・・いやいや。そんな無茶な)

しかも、亀岡さんの後ろにも2人組が並んでいたし、見たらわかるようにちゃんと並んでいたそうです。

何も言えなくなっている亀岡さんに、相手はさらに

「ほなえぇわい!アンタがそう言うんならもうえぇわ!けどなぁ!こんな公の場所でよ、他人の前で恥かかされた詫びはどないするんじゃ!」

と、絡んできたそうです。

さらに何も言えなくなっている亀岡さんの後ろにいた男性がとうとう

「ちょっと、それは行き過ぎでしょ!勝手に割り込んできたから注意しただけでしょう!」

と助け船を。

しかし

「なんじゃお前はコラァ!お前が俺と話するんかい!」

男相手だと思ってか余計に逆ギレがヒドくなったそうです。

もはや何で揉めているかわからない。

ただ絡まれているだけの状態。

そこで亀岡さんが思い切って

「け、警察を呼びます!」

そう言うと

「呼べや!なぁ!呼んでみんかい!警察にハッキリしてもらおうや!オラァ!さっさと呼ばんかい!!」

もはや意味不明に怒鳴る相手の人。

亀岡さんが手が震えながらも110をしようとしていると、その手を叩き払って携帯がガシャン、ゴロゴロー。

相手は亀岡さんを睨みつけながら

「お前・・・覚えとけよ。恥かかせやがって」

そう捨て台詞を残して逃げるように去ったそうです。

亀岡さんは何も悪くありません。

しかし涙が出て、怖くなって、翌日以降も引きずって、

怖さがなくならない。何かされそうな気がする。

ずっと見られているような気がする。一人になるのが怖い。

それでウチに来ました。

いわゆるPTSD(心的外傷後ストレス障害)です。

もっとわかりやすく言えばトラウマです。

かわいそうに。何も悪くないのに。

2019年02月18日に京都府亀岡市内で実際に起きた話だそうです。

【心理カウンセリング京都】でした。

– – – – –

【心理カウンセリング京都】
ご利用者さま居住エリアの一部

京都府:京都市内:各区:伏見 右京 左京
西京 山科 北 中京 南 中京 下京 東山
その他各市:宇治 亀岡 舞鶴 城陽
長岡京 福知山 八幡 木津川 京田辺

大阪府:大阪市内:各区:平野 東淀川 淀川
城東 住吉 生野 東住吉 住之江 西成
堺市:各区:北 南 堺 西 中
その他各市:東大阪 枚方 豊中 高槻
吹田 茨木 八尾 寝屋川 岸和田 和泉
守口 門真 箕面 大東 松原 富田林

兵庫県:各市:神戸 姫路 西宮 尼崎 明石
加古川 宝塚 伊丹 川西 三田 高砂 芦屋

上記のエリアに限らず、電話相談やLINE通話なら
全国からもご利用が増えています。

関連記事

error: Content is protected !!