気まぐれ日記

伝えたいこと、そのままに。
日々の気まぐれ日記を綴ります。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 気まぐれ日記
  4. 親子・夫婦のヒーロー論
夫婦,親子,浮気,離婚

親子・夫婦のヒーロー論

【 心理カウンセリング京都 】です。 

遠因としてコロナ禍の影響もあるのか、

夫婦や親子の問題が増えているように感じます。

自信をなくしていたり、愛情を忘れていたり、大事な人が見えなくなっていたり。

でも、自分も相手も誰でも、万能じゃないし苦手や弱点はある。

それをわかった上で一緒にいたハズだったり、

そういう部分を助けてあげてきてたりだったハズなのに。

何が大事かわからなくなってる状態の人が増えています。

話を聞いていくと理解できる場合もあるし、

どうにもならない手遅れの状態や、

「それは離れた方がいいわ」としか言えない場合があるのも現実だけれど、

余裕がないことで愛情が減ってしまってる場合も多いので、

改めて気分転換に意識してほしいと思います。

バイクの運転は上手い仮面ライダーだけど、地図を見るのはヘタかもしれない。

空を飛ぶウルトラマンは、でも泳ぐのは苦手かもしれない。

ゴキブリが嫌いな昆虫博士もいれば、

寒がりな北海道民もいる。(違うか?)

もっと言ってしまえば、

間違ったことを教える教師がいれば

悪いことをする警察官もいる。

でも、

それでも、

見る人が見れば専門家でヒーローだから。

憧れと尊敬のまなざしで見られているから。

なのでやっぱり、

子供にとっての父親というのは

絶対的に当たり前にヒーローでいるべきで、

いかに自信がなかろうが、

実力がなかろうが、

ダメなことをしてしまう時もあるにしても、

子供にとってはカッコつけててほしいものだと思う。

すごく、そう思う。

世の父親たち、がんばろう。

胸を張れる親父であるべく命を懸けて何よりも子供を大事に、それをまずは考えて生きよう。

もちろん母親も。

母親もヒーローであろうとするべきだし、

ヒーローであろうとするべき父親の威厳を壊してはいけない。

家の外にこそ敵はいるのに、家の中で邪魔しあってはいけない。

夫婦として。家族として。絶対に。

浮気とか、賭け事とか、

失業とか、失言とか、

不機嫌とか、不運とか、

すれ違いとか、失敗とか、

色々あるけれども。

それより子供が大事と思うべき。

そう思える親であろう。

って、

言える時は言ってます。

相手を選んだり空気を読んだりして

言えない時もあるけど、

できれば当たり前に言わせてほしい。

または言うまでもなくわかっててほしい。

言わせてくれない親であってほしくないよ。

「そんな事とっくにわからなくなってた」ってポカンと反応される時がある。

でも、まぁ思い出せたならそれでいいんだけれども。

長い人生、どうしてもたまには、ちょっと道が逸れてしまう時もあると思う。

でも夫婦を壊してまで、家族を壊してまで逸れっぱなしでいようとするのはダメだ。

だって、子供になんて言う?

子供には関係ないもんね。

子供は寂しがるよ。

自分も相手も寂しがるよ。

それを伝えなくなっていくのはダメ。

寂しさを訴えてるようで、実は責任を詰めてるような言い方になっていくのはダメ。

離婚も普通の選択肢?

片親は別に一般的?

そんなアホな。

結婚ってそんなに軽いものなの?

子供と離れるってそんなに簡単にできるの?

そんなアホな。

などなど、日々思ってます。

直るものなら直してあげたい。

止まるものなら止めてあげたい。

自分にとっても、

パートナーにとっても、

もちろん子供にとっても、

当たり前に愛情があることを当たり前にしたいね。

自分にとってパートナーって、ヒーローであって単純に大好きでいいと思う。

パートナーにとって自分って、ヒーローであって単純に大好きでいてほしいと思ってていい。

ヒーローを殺してはいけないし、ヒーローが死んではいけない。

ましてや大事な人から大事な人を奪ってはいけない。

と、私は信念を持ち続けたい。

それが当たり前な世であってほしいね。

【 心理カウンセリング京都 】でした。

関連記事

error: Content is protected !!